2021/05/29 (Sat)

はいはい。

一向に収束に向かわない感じの北海道の新規感染者数。
GW前に規制しておけば良かったのにねぇとか思いますが、お役人や政治家のみなさんにも何かしらの考えが有ったのかもしれません。
残念ながら、その判断の結果が現在の状況なんで悲しいものがありますが。

で、
緊急事態宣言が6月20日まで延長。
正直、千尺ゲレンデは私有地なんで開催強行は容易いのですが、以前ケガ人が頻発したコースでもあります。

単純な骨折なら比較的余裕のある整形外科で対応していただけますが、頭部打ってたりすると多発外傷に対応可能な大きな病院に搬送ということになります。
が、
そういう病院は現在コロナ対応で余裕がありません。
要するにケガをした際に「市内の病院」ではなく「近隣市町村の病院」に搬送される可能性が高い。
距離もさることながら、診察までに要する時間も長い。

普段なら大騒ぎじゃない程度のケガでも、現状だとエライ騒ぎになってくるわけです。
しかもコロナ対応している病院に入院したら家族ですら簡単に面会出来ない。

こんな医療体制が逼迫している状況(もちろん緊急事態宣言下)でレース開催強行ってのは正しいことではないと考えます。
だって真剣に取り組んでいたとしても「趣味」だからね。

んで、
結論としては今回延期して8月8日に開催することにしました。
http://blog.livedoor.jp/doride-entry/archives/58076377.html

ほいで、
千尺で5月と6月に開催予定だった大会にエントリーして参加費も支払い済みの方は以下の選択になります。

その1 今後の大会に参加出来るか判らないので参加費返して欲しい
 ●既にかかっている経費ありますので8割を返金します
その2 今後の大会の参加費に振り替えて欲しい
 ●エントリーフォームの支払い方法選択の項目に「中止になった大会からの振替」を追加しました
その3 返金必要ありません
 ●太っ腹で涙出そうです(笑)

とりあえず返金希望の方は以下のフォームに入力願います。
https://ws.formzu.net/fgen/S96949952/

この返金フォームには一応振替希望の選択肢設けてありますが、大会のエントリーフォームで「中止になった大会からの振替」って選択肢ありますので、再度返金フォームに入力しなくて結構です。
「2大会エントリー済み」の方が「返金と振替」を希望した際の選択用に作成したものです。

返金は6月中(中旬以降)に振り込みます。

と、いうことで。

うがい!
手洗い(消毒)!
ソーシャルディスタンス!
もちろんマスクもなっ!

ではでは。


 2021/05/14 (Fri)

はいはい。

北海道のコロナ新規感染者数が増加の一途でワヤですなぁ。
去年の数字とは桁が違う状態で、正直疫学の素人には先が全然見えませんわ。

で、
23日開催の千尺大会は中止とします。

参加費は事前の準備にかかった経費等を差し引いて返金します。
また、次戦以降の大会の参加費に振替の場合は経費差し引かずに、全額参加希望の大会の参加費に充当します。

参加費の返金、振替については後日別途案内します。

んで、
次戦も同一会場で開催なので、コースの草刈り等の準備は進めます。
土曜には走行可能になっている予定です。

尚、千尺ゲレンデは私有地ですので、駐車場等にロープを外して車両の乗り入れることはご遠慮ください。
ご理解の程、よろしくお願いいたします。

と、いうことで。

うがい!
手洗い(消毒)!
ソーシャルディスタンス!

ではでは。


 2021/05/10 (Mon)

はいはい。

GW明けて暖かくもなっているのですが、コロナ禍収まりませんなぁ。
レース開催日近くなってますので、主催者も練習に勤しんでいるライダーも辛いですなぁ。

で、
1)完全に屋外のみでの開催で有ること
2)スタート時以外に密になる可能性が低いこと
3)昨年開催の2大会でライダーやサポート、ギャラリーその他からの感染拡大防止対策の趣旨の理解や、それらに対する姿勢や協力が得られたこと
等を鑑み、昨年同様様々な規制の下で開催したいと考えています。

基本的な感染拡大防止対策は以下でご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/doride-entry/archives/57189084.html
コロナ禍での生活に慣れた現在では、どれも難しいことでは無いと思います。

会場付近ではマスク(不織布・布等)の着用を義務とします。
フェイスガード等(透明樹脂等で口唇付近のみを覆うもの)の利用はいかなる理由においても認めません。
マスクの使用が困難な方の参加、及び来場はご遠慮願います。

んで、
感染者数が更に増え、北海道に対して緊急事態宣言が発出された場合は開催を中止します。

現状のまん延防止等重点措置のみの場合は開催前週の火曜日に開催可否の判断をし告知します。
今回の千尺大会の場合は5月18日(火曜日)ということになります。

ほいで、
開催の可否に関わらず次大会も同じ場所での開催ですので、準備の一環としてコースはレース開催時と同様に草刈りして走行可能な状態にします。
練習等で走行する場合は全て自己責任でお願いします。

でもって、
万が一大会が中止になった際は参加費の7割り程度を返金するか、次大会以降の参加費として振替とします。
中止が確定した時点で再度案内します。

と、いうことで。

うがい!
手洗い(消毒)!
ソーシャルディスタンス!

ではでは。


next prev